目元の老化現象|わきがや多汗症は美容整形で治療が可能|長年の苦しみから解放
レディ

わきがや多汗症は美容整形で治療が可能|長年の苦しみから解放

目元の老化現象

ウーマン

目の下に黒っぽいクマができている場合、一昔前までは、目の下のたるんだ皮膚を脂肪ごと切除する外科手術が行われるのが一般的になっていました。目の下の黒クマは、皮膚のゆるみや眼瞼脂肪の下垂が原因で発生します。老いてハリを失った皮膚が、下がってきた脂肪に押されて前に飛び出します。前方に肌が突出するだけでなく、たるみの症状も加わるため、とても老けた印象になってしまいます。おまけに、その下にできる黒い影がクマのように見えてしまうため、余計に老け見えが助長されます。そこで、余分な皮膚や脂肪を切除する手術がよく行われてきたのですが、皮膚を切らずに治したいと希望する患者が年々増加してきました。その要望に応えるために考え出されているのが、高周波を用いるサーマクールという名前の治療です。サーマクールの治療効果に永続性はありませんが、肌を傷つける心配がない方法であるため、高い人気を集めています。

サーマクールはとても適応範囲が広い治療で、目の下のクマ取り治療だけでなく、全身の引き締め治療にも利用されています。目元のクマを消す場合は、目元治療専用のアダプターが使用されるため、施術ミスが起こってしまう心配はほぼ無用です。サーマクールの高周波をクマができている部分に照射すると、皮膚の奥深いところに軽い火傷のような症状が発生します。肌の表面に火傷を負ったケースを思い浮かべてもらうとわかりやすいのですが、火傷が治癒していく過程で皮膚が収縮します。その仕組みを利用しているのがサーマクールなのですが、真皮層に人為的な火傷を発生させることによって、体の内側からの引き締めを実現しています。皮膚を切るわけではありませんから、出血や腫れを心配する必要が全くありません。また、施術が短時間で済むため、仕事で多忙な日々を送っている女性によく利用されています。